トップページ → 医療用かつらとは

医療用かつらとは

髪がイキイキとしている若い女性の間でも、ウィッグ(かつら)に人気が集まっています。髪型を変えるだけで、いつもの自分とはちょっと違う女性に変身できる、より魅力的に見せることができるというのが人気の理由でしょう。

 

ファッション用のウィッグにも、付け髪をするタイプのエクステ、部分ウィッグ、全体ウィッグといろいろな種類があり、それぞれが大人気です。

 

それほど、かつら業界の技術は高まり、ウィッグを付けるという行為が不自然ではなくなってきています。これは、医療用かつらの使用を検討している方、すでに使用している方にとっても良い傾向なのではないでしょうか。

 

治療の関係で必要になったかつら
病気で治療をする段階で、髪の量が減ってしまうことがあります。このとき対策として使えるのが、医療用かつらです。一般的なウィッグよりも精巧に作られており、また幅広い配慮が行き届いていることが多いのが医療用かつらの特徴です。

 

気持ちの上でも、医療用かつらの使用はナバースになってしまうかもしれません。そのぶん自然なヘアスタイルに限りなく近いかつらとして作られ、余計な負担がかかりにくい仕様になっているのです。皮膚の一部である頭に装着し、顔にかかる部分もあるため、肌を傷めないような気遣いもとられています。

 

医療用かつらの奥深さ
ひと口に医療用かつらといっても、そのスタイルは豊富に揃っています。ショート、ミディアム、ロングはもちろん、その中でもそれぞれにバリエーションがついたスタイルも用意されています。

 

従来の医療用かつらには、スタイルの選択しがあまりありませんでした。しかし現在では、どんなヘアスタイルでもおまかせといっていいくらいの種類があるのです。値段的にも思ったより高くない既製品が出てきており、むしろ髪型を楽しめる感覚が出てきたのではないでしょうか。