トップページ → ぎっくり腰の鍼灸治療内容

ぎっくり腰の鍼灸治療内容

ぎっくり腰というと安静にしておくのがいちばんの治療だといわれています。しかし、職場に早く復帰したいというような場合には自然での治癒だけにまかせてはおけませんよね。どうにかして早く復帰できるように治療してもらいたいというような方も少なくないでしょう。そこで、ここでは鍼灸によるぎっくり腰の治療について紹介したいと思います。

 

鍼灸というと、その発祥は中国となります。鍼と灸を用いて病気やケガの症状を癒す方法としてしられています。ちなみに鍼というのは医療用の細いハリのことを指し、灸というのはもぐさのことをさしています。こうした鍼灸の知識というのは遣隋使や遣唐使によって日本にもたらされたというのですから相当の歴史があります。

 

奈良時代の律令制の組織図には医療部門の典薬寮というのがあります。そこに記載されている役職名というのが、医博士、針博士、按摩博士、呪禁博士というものが明記されているのです。こうしたことから鍼治療というのは既に公的な医療としても認められていたことがわかりますよね。日本の鍼治療というのはその後の長い歴史の中で、中国のものとは違う独自の発展を遂げていくことになります。

 

髪の毛よりも細い極細の鍼の日発など治療用具の改良も日本の鍼灸の成果のひとつだといわれています。そして、施術を行うことができるのは医師および鍼灸師の国家資格を取得した人だけに限定されています。日本における鍼灸治療の実績というのは、身体への負担が少ない治療法として、いまや日本国内だけでなく世界的にも高い評価を得ているのです。

 

ぎっくり腰になったときには、最初の一撃のダメージから二日ほど経過した段階、冷却による炎症鎮痛が不要になった頃に鍼灸治療を活用することをおすすめします。鍼灸の治療ではぎっくり腰によってダメージを受けた腰の周辺だけではなく、痛みの系統となる経路に集まるツボに刺激を与えて治療をはじめます。

 

そうすることでもともと身体に備わっている自然治癒の力を高めることができるとされているのです。「なお、ツボに刺激を与えてしまった結果、痛みに対する感覚が敏感になることもあります。つまり、鍼灸の治療後には炎症とは別の痛みを感じる人もいるということです。

 

そのためにぎっくり腰の痛みの解消を期待して鍼灸治療を受けるのはおすすめできません。特に、翌日から職場に復帰するといような状況で受けてしまうと、別の痛みがでることで結局は職場に復帰できなくなったということもあるからです。鍼灸をはじめてうけるといった人の場合は、治療後のリアクションというのも考慮した上で、治療を受けるようにしておきましょう。