トップページ → 富士山へのアクセス

富士山へのアクセス

近年、富士山に登山する人が増えていると聞いています。いわゆる富士登山に挑戦している人が増えているんですが、富士登山を行うには当然富士山まで向かわなければなりません。

 

例えば、4大富士登山口のひとつである吉田口に向かう主な移動手段としては、バスや電車、マイカーなどがあげることができます。ですが、どの移動手段がいちばん良いのかということがわかっているだけでも、ずいぶんと心に余裕が違ってきます。そこでそれぞれの移動手段の特徴を把握しておきましょう。

 

まず8月の初旬から中旬にかけての期間に富士登山を検討している方は、マイカー規制が実施されることを覚えておかなければなりません。通行止めになる区間や時間帯では、通行可能である車両以外は車だけではなく、人も通行できなくなってしまいます。ですので、この時期にマイカーで富士山に向かおうと考えている方は、他の交通手段に切り替えたほうが良いでしょう。8月のこの時期は公共の交通機関を利用する必要がどうしてもでてくるのですね。

 

では公共の交通機関であるならどうなのか。まずバスをあげてみましょう。富士山に向かうバスというと、中央高速バスと東名高速バスの選択肢があります。次に電車で移動するとなると、新宿方面JR中央線の特急や富士急行、東海道新幹線などといった選択肢がでてきます。

 

また、マイカーで高速道路を利用する場合にも、どの方面から向かうかによって富士山に近いICが異なってきますので、あらかじめ調べておきましょう。例えば、東京方面から富士登山に向かう場合には東名高速を利用することになります。そして、向かうべきICは富士吉田ICとなります。大阪や名古屋方面からでも富士登山を目指すなら、東名高速を利用することになります。が、向かうべきICは富士ICとなります。

 

また、新宿方面や長野方面から富士山へと向かう場合には、河口湖ICが目指すべきICとなります。どこから出発して、どこへ向かうのか、交通手段は何を利用するのか、というのによって当然のことながら所要時間や費用は異なってきます。ですので、どこの登山口から富士登山を行うのかを決めたのちに、その登山口に向かうにはどうすれば良いのかというのを事前にアクセス経路を把握しておくことが大切です。