トップページ → くすみを直す食生活

くすみを直す食生活

肌トラブルというものは複数の原因が絡みあっているので、何か対策をしてもそれだけではなかなか効果が出ないものです。しかし、どんな肌トラブルも内側に問題がありますし、逆に内側のお手入れはどんな肌トラブルにも有効策となります。その中でも特に有効なのが、食生活の見直し。

 

面倒なくすみも、食生活を改善することによって、くすみの発生を抑えることができます。もし、最近くすみを感じてきた方は、身近な食材を使ってお肌の調子を整えましょう。あれこれと美容品やノウハウに頼らず、食べ物から白い肌をつくることができるならどれほど楽なことかと、否定的に考える人もいるかもしれません。

 

しかし、食事はすべての源です。肌にとっては、栄養源でもあり、体のバランスを整えてくれる大事な要素です。ですから、くすみ対策としても体はバランスの良い食事をすることを望んでいます。肌のくすみ、シミ、これらの原因は、肌表面の細胞の代謝物が残ってしまうことに原因があると見られます。

 

また、その他には「活性酸素」が、肌の老化の原因の一つとして考えられています。この活性酸素はメラニン色素の生成を助長し、くすみやシミを増やしていってしまいます。

 

それから、くすみのないきれいな肌を作るためには、身体を冷やす食品を避けて体を温める食品を摂取することが重要です。というのは、くすみは血行不良が原因のひとつとなっているのですが、低体温はその血行不良を引き起こしてしまうからです。

 

従って果物や生野菜など、体温を下げるような食べ物ばかりを食べるのは避け、身体を温めるな食べ物を積極的に摂取して、栄養素もビタミンB群、C、Eを含む食品を食べることを意識すると良いでしょう。

 

唐辛子などの香辛料もうまく使えると良いですね。冬の寒い季節にはキムチ鍋などは体の芯から温まりますから良いですが、汗の処理だけは気をつけてくださいね。

 

冷えのために血行が悪くなってしまうと、顔色も暗くなってしまい、不健康に見えてしまいます。また、せっかく摂取した栄養素も、体の隅々まで廻らなず、結果としてくすみとなって現れてきます。ですから、くすみ対策には、体を温める事や、マッサージなどを行い、血行に良い栄養素を摂取することができるような食事を考えていくと効果が見られるでしょう。

 

また、過労が原因で新陳代謝が低下している場合もあります。こういう時は栄養補給です。そのためには、ビタミンB1を摂取し、疲労物質をなくしていくことが重要で、その結果体調が改善し、くすみの軽減につながっていきます。

 

ひとつくすみ対策に効果のある身近な食材を紹介しましょう。それは、トマトです。トマトはリコピンという成分が多く含まれているのですが、このリコピンという成分は肌にとっても非常に良いということで知られています。

 

このトマトのリコピンの抗酸化力は非常に高く、同じ効力のあるビタミンEなどと比較してリコピンはなんと100倍以上の抗酸化力があるのです。さらに「ペクチン」と呼ばれる成分も豊富に含まれているので、体の老廃物や有害物質を排出する力に優れています。こうした老廃物がなくなれば自然と新陳代謝もアップするので、くすみの原因となるメラニンの排出が進み、くすみができにくい肌になります。

 

外側からのケアも大切ですが、体の内側からのケアが何より肌のケアにおいては大切です。ですから、食事も基本的なケアのひとつと考えて、くすみ対策の効果を上げていくようにしましょう。