トップページ → 矯正テープを使った二重まぶたを作る方法

矯正テープを使った二重まぶたを作る方法

リキッドタイプの二重まぶた用化粧品には、皮膚に塗りこむためにかぶれやすいというデメリットがあります。どんなタイプの一重まぶたの方にも効果があるというわけではないため、二重まぶたの矯正テープを使ってみるのも方法です。

 

矯正テープのメリットは、リキッドタイプより皮膚への負担が軽く済むということです。テープの上からなら、アイメイクもしやすいということもあります。水に濡れても、矯正テープなら二重まぶたをキープすることができます。

 

外出時にはリキッドタイプを使い、自宅にいるときには矯正テープを使っているというように使い分けている方もいるそうです。商品によっては、寝るときに使える矯正テープもあるようですので、利用してみるとよいでしょう。

 

気を付けてほしいのは、矯正テープでも全く皮膚に負担がかからないわけではないということです。目に悪影響が出る場合もありますので、注意してください。矯正テープでの二重まぶた作りにも、リキッドと同じようにコツが必要です。

 

失敗してしまうとそのテープは駄目になってしまう場合がありますが、それはリキッドも同じです。まぶたの形は誰でも違うものですので、自分なりに上手な二重まぶたを作れるように練習してみてください。矯正テープで二重まぶたを作っているうちに、クセがついて二重まぶたのままになったということもあります。もともと二重まぶたの遺伝を持っている方なら、二重のクセはつきやすいでしょう。